2011年02月08日

きやんち@本庄市山王堂(初)

肉汁うどん650円。
11020202.jpg
11020203.jpg
本庄は遠い。東村山から見ると埼玉の最奥端のような感じです。だって、東村山から秩父まで国道299で2時間かからないのに、東村山から本庄は国道254経由で2時間20分かかるし。
かなーり久しぶりに本庄に行きました。もちろんこのブログ開設以来初めてです。
本庄駅からは離れた、国道からもはずれた住宅地にあります。住宅地といっても、住宅と畑が混在しているような場所。「きやんち駐車場」という立て札を見つけて車を停めたはいいけれど、店はどこ? おお、畑の向こうにあるのがそれらしい。
いろいろメニューがありますが、肉汁が一番人気らしいのでそれで。大盛りでも同じ値段なんですが、欲を出すと悲劇に見舞われる体験多数してきたので並で。
並で正解でした。じゅうぶんな量あります。
おもしろいのはトッピングフリーだそうで、上の画像2つめがそれ。茹でキャベツ、もやしなんてラーメンのつけ麺みたい。だいこんおろし、天かす、ワカメとあと何だっけ。
うどんは平打ち。やや褐色ですが風味はなく、平打ちらしいピロっとした食感がよい感じ。
つけ汁は甘いです。でもいやな甘さでなく、うまみが多くで自然な甘さ。けっこう特徴的かもしれない。クセになりそう。
月曜と第三火曜休みで、11時半から14時、17時半から20時。
いまになってふと思ったけれど、店名はどういう意味でしょう?
「きゃんち」という愛称の女性タレントがいて、それは「喜屋武(きゃん)ちあき」という名前だから縮めているわけなんですが、もしかして沖縄の人で喜屋武さんだったりするのかな?
11020204.jpg
posted by ぐーたり at 23:06| Comment(2) | うどん(本庄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
店名についてですが、店主祖父がその昔、材木屋をやっており「木屋んち」
と呼称されていたそうです。
その場所に店舗を構えたので上記呼称をそのままに屋号にしたと聞いております。
Posted by 通りすがりのきやんち常連客 at 2011年02月14日 01:10
そうなんスか。正解ありがとうございます。
安仁屋@仏子に続いて、私の「店主沖縄出身説」は2連敗しました。
Posted by ぐーたり at 2011年02月14日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。