肉汁うどんL(250g)600円+にんじんごぼう天70円。

2010年6月開店。
狭山市駅からちょいと歩いたところにある博多うどんのウエストの真向かい。セブンイレブンのとなり。ストリートビューで確認すると以前は整骨院だったところ。
入ってカウンタに座り、メニューを見るとグラム表示が。そこでホール係らしき女性に「これって、茹でる前の数字? 茹でた後の数字?」と聞くと「茹でた後」と答える。
しかしSが150gで500円、Mが200gで550円、Lが250gで600円、2Lが300gで650円、3Lが350gで700円と書き出されているわけで、どう見ても茹でる前の重さだよね。
すると調理のおやじが「茹でる前です」と明言。疑問は解消されたけれど、そんなふうな質問する人ってこれまでいなかったのかな? ま、いいや、Lでいこう。それで天ぷらも。
しばらくして出てきた品は、ありゃー、天ぷらがデフォでつくのね。しかも味付け茹で卵まで。さらに、茹でる前250gなのでしょうけれど、茹でた後はこれ500gはあります。これなら自分としてはMでよかったかな。
店外のノボリには「農林61号100%」と書かれている。うん、まあ、風味はある、けど少なめかな。つけ汁はちょい薄め。ビジュアル的にきくや系だけれど、おそらく関係はないかと思う。つけ汁の器も大きさがきくやより小さいし。
すりゴマ器あります。あと刻みネギも。
味付け茹で卵はうどん店では珍しいかも、食べてみると半熟でした。
そんなわけでコストパフォーマンスはいい。けれど、この店ならではの特長には欠けている印象。
日曜祝日休みで、11時半から15時。火曜木曜土曜は17時半から20時の夜営業もあり。
店の前に2台か3台は駐車可能。ふさがっていればセブンイレブンとの間の道を入っていくと大手家電店の駐車場があるので買い物がてら停めることもできる。