2010年04月03日

今浪@北方(初)

肉うどん小500円。
10040202.jpg
10040203.jpg
さあ、いよいよ小倉肉うどんレポに入ります。
仕事は福岡市の天神だったのですが、午後1時から作業に入ればいいので、朝8時の高速バスで小倉に向かいます。天神バスセンターで回数券を買います。4枚で3500円。小倉への高速バスは3種あって、そのうち最も便数の多い「なかたに号」が、高速を降りてすぐに小倉南区です。(小倉肉うどんの店はほとんどが小倉南区にあります)
そして、小倉肉うどんの店は朝早くから開店しているという特徴があります。天神と小倉はバスで1時間15分。これなら2店回って天神に12時過ぎに戻れる計算です。
さて小倉うどん。
いくつかネット上にある記述を調べて、まずはこちらの店から訪問することにしました。小倉競馬場ちかくで、モノレールの北方駅を降りてすぐです。
朝の9時過ぎだというのに、出てくる人、入る人がいます。流行っています。
中に入ります。おお、いいですねぇ。地元密着な感じ。すこしくたびれたような店内。真ん中のテーブルには自由に取れる総菜が。店の隅の方で釜から湯気が威勢よくたちのぼっています。
注文するとあまり待たずに出てきました。見込み茹でしているのでしょうか。
ややー、たっぷり肉が乗っています。牛のほほ肉です。甘辛く煮てあります。うまい。汁は黒く、こちらも甘さをまず突出して感じます。が、重層的なうまみもあります。おろしショウガの投入は必須。うどんは素朴な感じで、小麦のうまみを感じます。
「小」でいただいたので、量はそれほどでもありません。また、うどんでなく「肉増し」もできて、それは「肉肉」というふうにメニュー表記されています。
サイドメニューも用意されていて、会計のときに申告するスタイル。
この近辺には3店集中して小倉肉うどんの店があって、下の画像を撮っているすぐ左に「宮浦」という店があり、画像の奥を右折して、さらにまた右折したお寺の横に「久野」という店があります。どちらも人が出入りしていたので流行っているようです。それにしてもまだ9時半ですよ。朝からうどんを食べるということが、生活に根付いていることを見せつけられてしまいました。
さあ、もう一店行ってみようか。
10040204.jpg
posted by ぐーたり at 09:47| Comment(2) | 小倉肉うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもです。
ついに小倉肉うどんですねー。
それも今浪から。うらやましいです。
相変わらず流行ってそう、旨そうで何よりです。
怖い人はいませんでしたでしょうか?
自分はいつ行っても怖そうな人ばかりでした。。
Posted by eg at 2010年04月03日 17:25
結局小倉肉うどんのカテゴリに入る店は8店まわれました。順次、記事にしていきます。egさんの記事にない店はあと2つかな。
こわもてな客がいるということも、小倉肉うどんの重要な要素かもしれませんよね。
Posted by ぐーたり at 2010年04月04日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。