2009年10月27日

東幸飯店@小手指(初)

広東麺750円。
09102602.jpg
高級中華料理店でなく、このような「街の中華料理店」の情報(評判)をネットから得るのは難しい。ほとんど情報がないと言ってもいい。
ラーメンデータベースにあるものとは評価の軸がちがうから参考にならないし、そもそもメニューの数が多いから、どれが当たりメニューでどれがハズレメニューなのかを見極めるのが困難だ。さらに「高級店ではなくチェーン店でもない」中華料理店は数が多すぎる。
で、私はこつこつと広東麺を食べていくことにいたします。
市民プール近くのこちらのお店。テーブルのみ数卓と夫婦でやるにはてごろな広さ。店内清潔ですが、テレビ画面が妙ににじんでいるのがご愛嬌。
広東麺はタレの味は控えめで、しょっとしょっぱめなスープが特徴か。具の種類はいろいろ。ブロッコリーまで入っているぞ。味の変化はさほど感じなかった。しかし先客0だったせいか、注文してあっという間に出てきた。うどん店だったら「茹で置きか」と思うほどのスピード。姿の見えない店主の手際がいいんでしょうね。
火曜休み。
小手指駅南口の駅と463バイパスの中間あたりにあるスーパー「マミーマート」から100mほど西。店となりに5台ぶん駐車スペースあり。
09102603.jpg
posted by ぐーたり at 08:28| Comment(5) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
街の中華屋さんの判断基準ってたしかに難しいですね。
まずは直感勝負かと。

私の場合はタンメンがあるかどうかがひとつの判断基準です。
Posted by まぁやぁ at 2009年10月27日 18:04
自分は駅の真ん前にあるとか、大病院のとなりにあるとか、立地のよさだけでやっている感じの店はなんとなく避けてます。
住宅地のなかにあって、長年営業続けているような店はきっと何らかの「当たりメニュー」があるんでしょうね。
Posted by ぐーたり at 2009年10月27日 23:08
たしかにそうですね。
地元の支持がないと続けられないですから。
新規開店〜1年しないうちに閉店〜他の店になる、という例がいやというほどありますね。
継続は力なり。

駅前は判断が難しいですけど、入る時は新しい店は避けて入ってみています。
たまにおおっと思う当たりがありますが、ローカルな駅前の方がその確率は高いようですね。
Posted by まぁやぁ at 2009年10月28日 22:09
提供される食べ物の味よりも、店の雰囲気が醸し出す味ってのもありますからね。
そこらへんをどう表現するかが難しいところです。
Posted by ぐーたり at 2009年10月29日 08:03
あそこの炒飯まじうまで週3で通ってます
Posted by at 2010年03月30日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: