肉汁うどん550円。

なかなか行けないがここはうまい。テーブル3卓とカウンタ4席の小さな店で、おばちゃんがのんびり作っている。とくに込んでいるわけではなかったが、30分待った。麺は農林61号を100%使用している。固さはさほどないが、噛み締めると小麦のうまみが広がる。量も500gぐらいある。それでこの値段。
「60歳になってから始めて、もう5年やってます」と言っていた。店舗も農家の敷地内ってかんじだし、採算を考えなくてもいいのだろう。しかしそうなると常連客に甘えて接客がルーズになる店が多いなか、ここはしっかりしている。
サラダうどん700円にしようかと考えたのだが、店内に貼ってある写真を見るとワカメや玉子焼きが乗っているのでやめた。カレーうどんなはなく、キムチうどんというのがある。あとで調べてみると、日高市は高麗川を含んでいて、古くから朝鮮半島からの移住者がいる土地なので、キムチが名物なのだという。もしかしたらなかなかレベルの高いキムチかもしれない。