2008年08月12日

農村レストランおおさと工房@熊谷市津田新田(初)

きのこ汁うどん550円。
08081102.jpg
「JA系」とでも総称したくなるけれど、農産物直売所とセットになってうどんが食べられる施設がいろいろとある。ここもそのひとつ。
大里町は合併によって熊谷市になったが、旧町役場のとなりにある農産物直売所のなかにある。
レジのところで先払いして番号札を受け取る。できあがると呼ばれるので取りにいく方式。
うどんは細め。茹で加減は柔らかめ。かろうじて小麦の風味が残っている。推定量は300g強。さくっと食べられます。
ところでつけ汁。画像でも具が見えるでしょうけれど、これ、みなナス。きのこの姿が見えない。でも飲んでみてびっくり、ウマイですよ、これ。既製品がベースだとしても、キノコやナスからのうまみが加わっていて、ふっくらまろやかな味わい。
食べ終わったら食器類は返却口に返して「農産物」の方も物色します。
08081103.jpg
08081104.jpg
うどん(生と茹で)も売られています。ラベルを見るとこの旧大里町でつくられたものだとわかります。
「農林61号」と手書きされた小麦粉も売ってました。
無休で11時から14時。
08081105.jpg
posted by ぐーたり at 10:19| Comment(0) | うどん(熊谷) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。