2021年02月19日

うどん土麦(つむぎ)@本川越 うどん土麦(つむぎ)@本川越

肉玉ラー油のつけ汁うどん900円。
IMGP0007.jpg
年末に訪問して閉まっていた店に再度チャレンジ。
あれホームページの昼のお品書きの「むさし麦豚の肉汁うどん」はないのね。それで代替ということで上記メニューを注文。ちなみに平日だけど待ち客が発生してました。
注文して店内を見渡して「ん!」。やたらと若い女性客が多い。どうして?やはり観光地だということなのか?
しばし待って提供された品は上の画像の通り。
さて、と食べようとして「あれ?」と迷う。どういうふうに食べるのがいいのかな?
いつもの武蔵野うどん定番の肉汁つけうどんとは勝手が違うな。
まずつけ汁が冷たい。ラー油が浮いている。
具はうどんの方に乗せてある。
卵の黄身が乗っているから、こちらをまぜまぜするのかと思ってうどんに箸を差し込んだのだけれど、うどんがまとめてあって解けないので、どうもそれは違うような気がした。なので、黄身は肉とまぜまぜするだけにして、それをうどんと一緒につけ汁に投入して食べるのだろうと推測。そういうふうに食べました。
うまいです。
しかしながらうどんと具材が入っている器に、卵の黄身の汁気が残って、つけ汁はたっぷり残っている。これをどうにかしたい。が、つけ汁はそのまま飲むような味ではないので、どうも釈然としないままで食べ終えたのでした。
卓上には「レモンの冷やかけうどん」の食べ方が書かれたものが置いてあったので、こちらのメニューについても口頭でもいいから食べ方の指南をして欲しかったと思いました。
IMGP0006.jpg
posted by ぐーたり at 18:49| Comment(0) | うどん(川越) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする