2020年05月19日

ふさ@羽貫

天ぷらうどん500円。
IMGP0014.jpg
埼玉新都市交通の羽貫駅すぐ近くにある店。2018年6月に開店したらしい。
手作り感あふれる小さな店舗。
注文してから茹で始めた。
待っている間、インスタントコーヒーなどをセルフで入れて飲める。
いくつか作り置きしてある天ぷらから2つ選ぶということで、ちくわとニンジンを選択。
しばらく待って出てきた品は、うどんの量は少なめ。250gぐらいかも。天ぷらも小さめ。
うどんは太さが不揃いで、いかにも手打ちなのだが、それ以上の特徴はない。
駅から近いが駐車場は1台分確保してある。
店休日と営業時間(基本的には昼営業)が不定で、こちらのツイッターで確認してくれということらしい。
伊奈町学園1-21
IMGP0013.jpg
posted by ぐーたり at 08:39| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

かめ家@北本

肉汁うどん800円。
IMGP0001 (1).jpg
こちらのお店は「訪問する店」リストに入れていたのですが、何年か前に訪問したとき、営業している時間だったのに閉まっていたので「閉店したか」とリストから削除していたのでした。
ところが食べログを見ていると2019年に訪問した人のレビューが掲載されている。「なんだ健在だったのか」と再度訪問候補店に入れ直して、やっと訪問する機会ができたのでした。中に入るとカウンタはなくてタタキ部分に3卓テーブル席があり、奥の畳敷き部分にもさらにテーブルがあります。
肉汁うどんを注文します。しばらく待って提供されました。
「お、おーっ」
つけ汁が丼に盛りきりで提供されました。つけ汁の丼の下に溢れた汁を受け止めるためか、皿があります。これ、そのままうどんをつけ込むと汁が溢れてしまいます。
そしていかにも手打ちで不揃いなうどんもまた丼いっぱい。箸を突っ込んで「!」。水切りがありません。丼の底までうどんが入っている。550gはありそうだ。こんなことがあるから、武蔵野うどんでは初見で大盛りとか天ぷらを頼まないようにしている、と久々に思わせてくれました。上の画像だとこのボリュームが伝わりにくいですね。ちなみに小盛りにすると100円引きだそうです。私は次回の訪問があれば、小盛りにします。
うどん550gならなんとか押し込めるのだけれど、苦戦しました。つけ汁の具が多いからです。油揚げだけならまだしも、つけ汁の丼の底の方まで豚肉が入っています。つけ汁じたいが味は濃くないのが救い。それにしても多い。
なんとか残さず食べきりました。そしてこんなこともあろうかと車に常備している消化用胃薬をすぐ飲んだのでした。
あと一つ重要なことは、私が入ったのが13時ちょい前だったのですが、13時でノレンを外したのでした。営業時間は14時までの予定ですが、品切れで早仕舞いということもあるようです。前回私が「閉店したか」と誤解したのも、それだったのかもしれません。訪問する時はご注意を。
火曜休みで11時から14時。
北本市緑2-193
店の前に3台ほど駐車できます。↓帰りがけに撮ったのでノレンがしまわれてます。
IMGP0002 (1).jpg
posted by ぐーたり at 10:06| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

かばのおうどん@石川町

肉汁おうどん900円。
IMGP0002.jpg
横浜出張。というわけで調べて、この店を訪問。
人気ナンバーワンということでこちらの品を注文した。
しばし待って提供された品は、つけ汁に大きな煮豚が2つ入っています。そのほかゴボウが入っているところも特徴かな。そしてつけ汁がそのままでは飲めないほど濃い。けっこう濃くても湯で割らずに飲める私ですが、これは無理な濃さでした。
うどんは弾力が独特。閉店したけれど、手打ち道場→かも彩@東松山のような、エアサスペンションが効いているかのような感触の弾力(わかりにくい例えで失礼。でもそう思ったのよ)。量は350gほど。無料で増やせるようなことがメニューに書かれていたが、注文の時には特別聞かれなかったのでそのままで。
卓上にすりゴマあり。会計後に次回100円引き券を渡された。
もうちょいお安いとありがたいかと思うけど、まあ、横浜は観光地ですからこんなものかな。
火曜休みで11時半から22時ラストオーダー。
横浜市中区山下町276-2
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 19:39| Comment(0) | うどん(東京埼玉群馬以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする