2020年03月20日

どん太@一橋学園

肉汁うどん750円。
IMGP0002.jpg
今月いっぱいまで一橋学園駅近くに仕事の現場があるので、昼飯の選択肢に福助、むぎきり、どん太が入ってくるのです。というわけで久々にどん太に訪問。
ここは甚五郎@国分寺の出身だと思うのですが、そういえば国分寺駅の北口が再開発で様変わりしていて、甚五郎はどうなったんだと思って調べてみると、近くに移転してやっているようですね。
あと思い出したのが同名店のどん太@保谷です。調べるとそちらは閉店しているようです。
さて、うどんは黒っぽくて平打ちだけど太い。そして量が多いです。並盛りで500gぐらいあります。硬めの食感だけれど火は通っている。風味もあります。弾力があまりなくて、噛み締めると潰れるタイプ。そして歯に結構くっつく。
つけ汁は醤油感があって、甘みは控えめ。
卓上にはすりゴマ器と七味があります。
日曜祝日休みで11時から14時45分LO。
小平市学園西町1-20-14
IMGP0001.jpg
ふと思ったのですが、小平市ってうどん店が充実してます。他にも根古坂、よしふじ、うどんsugita(これは未訪問)、ふるさと村の糧うどんなどがありますもんね。
posted by ぐーたり at 08:47| Comment(0) | うどん(小平) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

むぎきり@一橋学園

野菜天うどん850円
スクリーンショット 2020-03-10 20.12.18.png
小平市で期間限定の仕事をこの3月までしていて、昼休みが1時間あるので色々と行ける範囲で飲食店を訪問していますが、むぎきりに行きました。久々の訪問でしたが、店の雰囲気は変化なし。ただこのメニュー、50円高くなったぐらいか。
上品な雰囲気の漂う店ですが、うどんの量は400gあります。割とお腹いっぱいになります。そこに小ぶりながら野菜天5品つくというメニュー。こればかり注文しているような気がしますが、安定の定番ですよね。
木曜休みで11時半から14時半、17時から19時半。
小平市学園西町1-26-26
店の前に2台車を駐車できます。
posted by ぐーたり at 19:37| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

福助@青梅街道

田舎うどん2玉600円+肉汁50円+舞茸天150円。
IMGP0001.jpg
この3月で契約終了になってしまうのですが、こちらのお店まで自転車で10分かからず行ける場所で仕事することがあるんですよね。久しぶりに記事アップしておきたいと思ってデジカメも持って昼休み時間内の慌ただしい訪問。おっと、満席に近いぐらいお客さんがいます。コロナ騒動で小平中央公民館も中央図書館も閉まっているというのに、すごいな。
いつもの品の注文でお願いしましたが、他のお客さんの注文を聞いているといろいろですね、前から書いていますが、武蔵野うどんと讃岐うどんのどちらのクオリティーも高いという、ありそうでなかなかない店です。
田舎(武蔵野)うどんは小麦の風味ほどよく、無骨な硬さもあり、ストライクゾーンど真ん中を安定して投げてきます。舞茸天は、塩、もしくはカレー塩で。
月火休みで11時15分から15時。
小平市小川町2-1307
専用駐車場ありません。小平中央公民館・中央図書館を利用ついでに訪問していた人は、コロナ騒動で16日まで休館なので、コインパーキング利用か、ウエルシア小平学園西町店もしくはスーパーマーケットのいなげや小平学園西町店利用ついでに足を運ぶという方法もあります。
posted by ぐーたり at 18:55| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする