2019年06月21日

たまや@北埠頭

肉汁つけうどん850円。
IMGP0012.jpg
東京や埼玉から遠く離れた場所で「武蔵野うどん」を標榜している店がちらほらあるのですが、ここ神戸にあるのが「たまや」です。ポートライナーの「北埠頭」という駅(神戸空港と三宮の途中に、分岐している路線があるが、そちらにある駅)を降りてすぐの建物内にあります。
さて、どんなものか。まずメニュー。
IMGP0010.jpg
ふーん、つけ汁の種類が多いな。
あと、ランチは大盛りも無料か。それより、ランチタイムに唐揚げとライス食べ放題ってのがすごい。
オーソドックスに肉汁つけうどんを注文。麺の量は並みにしました。
店内の真ん中にライスと唐揚げが置いてあって、セルフで取るようになっている。では2個ぐらい。
IMGP0011.jpg
うん、美味しい唐揚げです。ライスは遠慮しといた。
程なくうどんが到着。
うわ、うどんを乗せている器がでかいけど、麺量は400gほどかな。しかし真っ白な讃岐うどんタイプですね。
つけ汁は……醤油感が薄いのは予想の範疇だけど、旨味も薄いかな。おあげが大きめで、豚肉はあまり旨味が多くない。
すぐ私の頭の中で「まーあれだな、外国行って寿司とかラーメンとか食べてるようなもんだからな」と思ったのでした。
それよりも、隣のテーブルの客が、自分たちがランチを食べている店がどこかを電話で説明していたのだけれど「ほら、唐揚げの店だよ」と言っていた。うどんじゃなくて、唐揚げ食べ放題の方がアピールポイントのようです。
日祝休みで11時から20時。
神戸市中央区港島中町2-1-12 北埠頭デッキプラザ 2F
IMGP0009.jpg
posted by ぐーたり at 10:04| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

うどん工房 悠々@塚口

肉きんぴらぶっかけ850円。
IMGP0003.jpg
またしても関西出張。
今回は阪急神戸線の塚口という駅で途中下車してこちらの店に訪問。駅から至近距離です。
ビル内にある小さめの店。
まずお冷やとぐい呑みに何か入っているものが提供されました。
IMGP0002.jpg
ちょっと舐めてみると、甘めの酢ですね。食前酢ですか。
注文してから、うどん種から機械切り出しをして、茹で始めます。
カウンタ席からなんとなく見ていると、いったん茹で上げた麺を、もういちど湯に入れています。何だろう?
そんな過程を経て提供されたのが注文してから10分から15分後ぐらい。肉もあり、きんぴらもありの見た目です。早速いただこう。
うどんは絶妙な柔らかさ。なるほど、この加減を調整していたのかな。柔らかいのに、密度の高い感じです。
きんぴらは合いますね。夢中で啜って食べれる品でした。
月曜休みで11時から15時、17時半から21時。日曜は通し営業で11時から20時。
尼崎市南塚口町2-1-2
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 22:14| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

にしかわ輝恵(きえ)@東村山市秋津町3

肉汁うどん600円。
IMGP0005.jpg
東村山グルメ日記2というブログを書いているマサさんのツイッター情報で久々に東村山に新しいうどん店ができたことを知る。外観画像からして自宅系なのでソソられ、出動。
所沢街道からちょっと住宅地に入ったところにあります。所沢市と東村山市の境界に近い場所。スーパー「サエキ」やドラッグストア「セイムス」が近い。一番下の外観画像のように、見事に自宅です。玄関にノレン、外にノボリがあってなんとか飲食店をやっていることがわかる。
メニューは潔く「肉汁うどん」と「冷やしうどん」の2つ。その他、店内でパンなども売っていました。
IMGP0002.jpg
まだ他にお客さんがいなかったので店内画像も。テーブル4卓です。
IMGP0003.jpg
肉汁うどんを頼むと、程なくして天ぷらを揚げている音がしてくる。ということはかき揚げ付きだと予想できました。
先に小鉢が提供されます。
IMGP0004.jpg
その後、10分ほどで提供されました。
うどんは350gほどか。短めで、小麦の風味はさほど感じませんが、いかにも手作りという太さのばらつきがあり、そこが食感にも影響しています。田舎うどんっぽさ、素朴さを感じます。
つけ汁は真っ黒。豚肉が角煮です。これは珍しいかも。そしてとても柔らかい。天ぷらはぼてっとして家庭的なもの。
店の前に2台分の駐車スペースがあります。
最寄駅は所沢駅になります。東口から徒歩10分ぐらいでしょう。
火曜休みで12時から14時と営業時間短いです。
東村山市秋津町3-22-1
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 13:10| Comment(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

秩父うさぎだ食堂@秩父市下吉田

ホエーうどん980円。
IMGP0004.jpg
ワイン醸造の「兎田ワイナリー」が併設したレストラン。
そこでちょっと変わったうどんを出しているという情報を見て訪問した。
ホエーを使用したスープのうどんだそうで、ホエーとはチーズを作る時にできるもので、それを食べさせて育てた豚をホエー豚と言って売っているのは聞いたことある人もいるかもしれない。
スープは確かにチーズの風味がある。強くはなく程よい。うどんは細麺で、かなり冷麦に近い細さ。トッピングされているのは焼きチーズとルッコラ。なるほどね。レストランなのでこの値段での提供だけど、もっと簡単な設備でいいので500円ぐらいで提供されると嬉しい。
入口のところにも「ホエーうどん」との看板があります。
IMGP0002.jpg
他のお客さんはこのホエーうどんにわらじカツを合わせて注文していました。
うどんメニューは全部で4つあり。
IMGP0003.jpg
月曜休みで11時から15時ラストオーダー。
秩父市下吉田3942
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 08:20| Comment(0) | うどん(秩父周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いま井や@藤岡市上大塚

肉汁あつもり500円。
IMGP0008.jpg
メニューを見ると「白虎うどん」「大関うどん」とよくわからないネーミングがある。ま、後で調べてみることにして、スタンダードに「肉汁あつもり」を注文。
これ「あたたかいうどん」の方に書いてあって「冷たいうどん」の方には肉汁つけうどんの類が見当たらない。ところが、出て来たうどんは麺があたたかくはなかった。「あつもり」っていうからには茹でた麺を再度湯につけて提供するもの、と思っていたが違うようだ。
うどんはムニュムニュした食感の北関東うどん。量は400gほど。
つけ汁は、甘さがなく醤油味のシンプルなもの。刻みネギが青い部分も結構入っている。
天ぷらは頼まなかったが、店内に天ぷらを入れてある棚があって、そこからセルフで取って会計時に申告するというスタイル。
それから、店内がけっこう暗めだったことも特徴的かもしれない。
帰宅してから調べると「白虎うどん」は味噌味スープ、「大関うどん」は麺大盛りで肉、山菜、油揚げの入ったうどんとのことらしい。
火曜休みで、11時から15時。
群馬県藤岡市上大塚1425
IMGP0007.jpg
posted by ぐーたり at 08:00| Comment(0) | うどん(群馬県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする