2017年11月22日

小鹿野町地域資源活用センター@小鹿野町両神薄

ざるうどん600円+天ぷら200円。
IMGP0005.jpg
小鹿野に用事ができた。そこで前々から気になっていたうどんを食べることに。
ネット情報がほとんどないので、どんなうどんなのかわからない。でも「地域資源活用センター」ですよ。ちょっと、じゃなく、かなりソソられました。
小鹿野町の中心部からちょっと行ったところにあります。元々は両神村というところで、町村合併で今は小鹿野町になっている。私は「もろがみむら」と読むのだと思っていたけれど、違いますね「りょうかみむら」。
「道の駅」があって、そこに農産物直売所、温泉施設、そしてこの「資源活用センター」がある。
ネット情報では10時からと書かれていたけれど、10時半からでした。着いたのがちょうど10時半だったので、無駄に待たないで良かった。
IMGP0002.jpg
そば打ち体験する場所で食事も提供しているという施設らしい。
しかし開店直後だったせいか、全く暖房が効いてなくて寒い。
IMGP0004.jpg
注文して、自分でお茶を入れます。
すると「どうぞ」ときゅうりの酢漬けが出されました。
IMGP0003.jpg
さて、うどんは量は300gほど。海苔をかき分けて一本噛み締めてみたけれど、風味はなく讃岐うどんっぽいタイプでした。自分が期待していたようなうどんではなかったです。まー、情報がない場所なので仕方ない。
火曜休みで10時半から14時半。
小鹿野町両神薄2395
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 21:22| Comment(2) | うどん(秩父周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秩父うどん 本家原 姉妹店@秩父市寺尾

つけ肉うどん650円。
IMGP0031.jpg
秩父市本町でやっていた「ちちぶ饂飩」が移転した店。
この日は小鹿野と秩父に用事があったので、朝めしはりんご一個だけ食べて小鹿野でうどんを食べ、そのあと小鹿野の用事を済ませて秩父に移動した。秩父ではまだ未訪問のうどん店が沢山ある。けれど情報も少ないので訪問すべきかしないでいいのか迷う店ばかり。
とりあえず秩父市寺尾にある「藤志朗」といううどん専門店に向かったが色あせた「準備中」の貼り紙があって、どうやら閉店してしまった様子。
そこで、こちらの店に向かったのだった。
立地が面白い。斜面に建っている建物の地下駐車場のようなところから入ると普通に店の入口があります。
ラーメン店みたいに券売機があって、券を店の人に渡すと水はセルフでと言われる。
割とすぐにうどんがやってくる。
忘れていたのだけれど、対面すると思い出します。そうそう、ちちぶ饂飩さんって、ちょっと讃岐うどんみたいなうどんだったよな、と。
あんまり風味は感じない麺で、量は400gほど。強い特徴があるわけではない。
しかし蕎麦の店が元々の親会社みたいなものだったのですね。それなら最初から関連あることをアピールしても良かったのでは?
木曜休みで11時から14時半。
秩父市寺尾2029-7
IMGP0030.jpg
この看板の矢印のところに入り口があって、建物の中に入ると下のような店舗入り口がある。
IMGP0032.jpg
posted by ぐーたり at 21:04| Comment(0) | うどん(秩父周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする