2017年09月09日

めんこ61@嵐山町千手堂

肉汁うどん(普通)500円。
IMGP0005.jpg
道の駅とか農産物直売所でうどんも提供している例は埼玉県にいくつもあるけれど、こちらは「農林61号小麦を使ったうどん」をウリにして2017年1月に始まった。
国道254号沿いの嵐山直売所の建物の裏側にある。
外観はこんな。
IMGP0003.jpg
「味彩工房」という建物の隣りの仮設テントでうどんを土日祝限定で提供している。
調理するのが建物の中の厨房で、食べるのがこの屋外ということになる。
中に入ると、こんな感じ。
IMGP0004.jpg
風が吹き抜けて気持ちよかったけれど、冬は寒いだろうし、真夏は暑い。
11時の開店すぐに訪問した。この後、別の店を訪問する計画だということもあるけれど、こういう道の駅・直売所系は「見込み茹で」をすると思って、ならば開店直後がいいかな、と思ったのでした。
普通盛りで量は300gほど。
しかしサービスでお稲荷がついて来た。
うどんは程よい柔らかさで、うむ、農林61号の風味が噛みしめるたびに口内に溢れてくる。やはり全粒粉小麦粉で作ったうどんとは異なる風味です。
つけ汁は具が多く、バラ肉から油も出ていてコッテリ感もある。
基本セルフで、食べ終わったらトレイごと食器を返却口に持って行くスタイル。
土日祝のみ営業で、11時から14時。
嵐山町千手堂690
直売所の方でももちろんうどん売ってます。
IMGP0001.jpg
農林61号の小麦粉もありました。
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 18:56| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする