2017年09月10日

喜久屋@嵐山町むさし台

肉汁うどん750円。
IMGP0018.jpg
2017年5月開店。
うどんは農林61号とあやひかりのブレンド。並盛りで400g。
めんこ61の後に所用を1時間ほど入れてから訪問。さすがにまだ腹は減っていなかったけれど、噛みしめると農林61号の風味を感じられるうどんなのでスルスル食べられる。
自分は最初にこのテの武蔵野うどんを食べていて、その後に讃岐うどんに出会ったわけで「讃岐うどんは何か物足りないな」と感じたけれど、具体的に何が「物足りない」のかに気づいたのはだいぶ後のことになる。気づいてからは意識的に小麦の風味を楽しめるようになったけれど、そういうプロセスを経ていない人の方が圧倒的に多いわけだから「農林61号を使用したうどん」と言って食べてもらっても、ピンとこないで「ちょっと高いな」と思う人が大半なのではないでしょうかねぇ。相変わらず「うどんが太くて硬いのが武蔵野うどん」という認識の方が一般的であるし、都内の武蔵野うどんを標榜する店でもそう認識しているフシがある。
話が脱線したけれど、この喜久屋は長く店を続けてもらいたいと思います。嵐山町はなかなか用事がなくて行けないけれど。
月曜休みで11時から15時。
嵐山町むさし台3-10-6
IMGP0017.jpg
posted by ぐーたり at 08:17| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

めんこ61@嵐山町千手堂

肉汁うどん(普通)500円。
IMGP0005.jpg
道の駅とか農産物直売所でうどんも提供している例は埼玉県にいくつもあるけれど、こちらは「農林61号小麦を使ったうどん」をウリにして2017年1月に始まった。
国道254号沿いの嵐山直売所の建物の裏側にある。
外観はこんな。
IMGP0003.jpg
「味彩工房」という建物の隣りの仮設テントでうどんを土日祝限定で提供している。
調理するのが建物の中の厨房で、食べるのがこの屋外ということになる。
中に入ると、こんな感じ。
IMGP0004.jpg
風が吹き抜けて気持ちよかったけれど、冬は寒いだろうし、真夏は暑い。
11時の開店すぐに訪問した。この後、別の店を訪問する計画だということもあるけれど、こういう道の駅・直売所系は「見込み茹で」をすると思って、ならば開店直後がいいかな、と思ったのでした。
普通盛りで量は300gほど。
しかしサービスでお稲荷がついて来た。
うどんは程よい柔らかさで、うむ、農林61号の風味が噛みしめるたびに口内に溢れてくる。やはり全粒粉小麦粉で作ったうどんとは異なる風味です。
つけ汁は具が多く、バラ肉から油も出ていてコッテリ感もある。
基本セルフで、食べ終わったらトレイごと食器を返却口に持って行くスタイル。
土日祝のみ営業で、11時から14時。
嵐山町千手堂690
直売所の方でももちろんうどん売ってます。
IMGP0001.jpg
農林61号の小麦粉もありました。
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 18:56| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

十三うどん@東松山市松山町3

肉汁うどん650円+コロッケ100円。
IMGP0015.jpg
2015年10月、店名を「うどんTOMY」から「十三うどん」に変更し、同じ東松山市内で移転した。
ようやく訪問。
ところがっ、食べ終わって会計しようとレジの方に向かうと「閉店します」との貼り紙がっ!
「えーっ」とびっくりして店外観画像を撮るのも忘れるし、そもそもこの場所でいつまで営業するのかも聞くのを失念してしまいました。
お店のブログを見ても再閉店のことは書かれていないので、割と最近に決まったことなのでしょう。
しかし、また別の場所を見つけて再開するつもりであるとのこと、それが決まったらブログで告知するということでした。
再開がいつになるのかわかりませんが、今度は早めに訪問することを心がけます。
<追記>
現在の店舗での営業は10月15日までのようです。
月曜休みで11時から16時。
東松山市松山町3-1-3
駐車スペースは店舗前と東和銀行横の駐車場の奥に3台分あり
posted by ぐーたり at 18:25| Comment(0) | うどん(東松山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

新倉うどん ひろとみ@和光市

季節のかき揚げぶっかけうどん(大盛り)850円。
IMGP0030.jpg
2017年7月開店。
とても古い(2005年ですね)の記事で和光市の「クロシェット・ドゥ・ボワ」という洋食店でうどんを食べたレポがありました。そこのうどんはその店での手打ちでなく、和光市の鈴木製麺のものを使用していたわけですが、同じく鈴木製麺のうどんを使用したうどん店です。どんなうどんか忘れていましたが、出て来たうどんを見て「あ、これこれ」と思い出しました。やや細めながら全体にウェーブがかかっていて、風味はなく、しかし讃岐うどんの弾力と、ゴツゴツした田舎うどんの中間にあるようなうどんです。
大盛り(茹でる前の重さが普通盛り150gのところ、大盛りは200g)が無料とのことなので、大盛りで注文。茹でた後はおそらく400g弱ぐらい。
「季節のかき揚げ」は玉ねぎ以外の具材はトウモロコシと枝豆でした。
メニューはこんな。
IMGP0027.jpg
しかし壁に「9月7日から」ということでこんな貼り紙が。ちょっとメニューが増えます。
IMGP0028.jpg
店内はテーブル席のみでこんな感じでした。
IMGP0029.jpg
不定休(とのことですが、9月の休みは6日、12日、20日、26日とのこと。火曜あるいは水曜ですね)で、11時半から15時、17時半から21時半(21時ラストオーダー)。
ただし夜営業は9月13日からとのこと。
和光市本町12-33
東武東上線和光市駅から近いです。駐車場はないようです。
IMGP0026.jpg
posted by ぐーたり at 17:48| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする