2016年02月01日

田舎屋@武蔵村山市中藤(初)

肉汁ざるうどん500円+天ぷら50円×2。
田舎屋01.jpg
12月1月と記事更新してなかったのでアリバイ的に更新します。言い訳するとずっと東武スカイツリー線沿線に出向くことが多くて、訪問して記事にするうどん店がないというのが原因です。まだそちら方面での用がしばらく続くのですが、月イチぐらいは記事をアップしたいと思っています。
さて、武蔵村山市中藤の田舎屋さん。開店してしばらく経っていますが、訪問していませんでした。何度も店の前を通ってはいたのですが、ようやく訪問。
肉汁ざるうどんは量は400gほど。褐色で茹で加減は柔らかめ。茹で置きという情報もあったのですが、判断しづらいぐらいの時間で提供されたのでよくわかりません。ですが、噛み締めると小麦の香りが芳醇にたちのぼってきます。うん、いい感じ。
店主が漬け物の小皿をうどん提供の前に出してくれました。カウンタに天ぷらが揚げ置きで置いてあったので、にんじんと舞茸を取りました。50円ということで、それなりの小さめの天ぷらです。
つけ汁はそっけない味わい。肉も申し訳ていどの量です。テーブルにごますり器があります。
地元の人がふらりと食べにくるような雰囲気なのでほっとします。店主さんも気さくな感じだし。地元感という意味では、ますや@東村山市久米川町よりもこっちの方がしっくりくる感じ。
水曜木曜休みで11時から15時。
武蔵村山市中藤4-39-5。
田舎屋02.jpg
posted by ぐーたり at 20:05| Comment(0) | うどん(武蔵村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする