2015年03月05日

麦の蔵@川島町上八ツ林(初)

春の肉汁うどん小630円+かき揚げ130円。
15030502.jpg
2014年11月開店。
開店当初はメニューごとに値段がちがっていたようだが、3月4日から「春のメニュー」ということで一新、わかりやすくなり、ちょっと値下げにもなっている。おそらくこれからも季節ごとにマイナーチェンジをしていくのだろう。
初訪問なのでまずは肉汁うどんをいただくことにした。
麺量は小で400g、並(+100円)で500g、大(+200円)で700g。メインのつけうどんのメニューで値段は統一された。肉汁のほかには田舎汁、きのこ汁などがある。
うどんはクリーム色だが風味はほとんどない。もにゅもにゅした弾力で食べさせるタイプ。麺の直角さが生きのよさを感じさせる。
つけ汁はうまみたっぷり。豚肉が薄切りではなくて角切りの形状をしているので、肉を食べていることが実感できる。しかも量がけっこう多い。具材は油揚げや焼き目をつけたネギのほかに、タケノコも入っていた。これがおそらく「春の」とつけられているゆえんなのでしょう。夏場はナスになるのかな。
チェーン店ではないのだけれど、全体にうどんのつくりがこなれている感じです。
セルフで無料のコーヒーも用意されています。
店休日はまだ決まった曜日ではないとのこと。しかしいま食べログを見てみると今月の休みが店側から書き込まれていますね。遠方からこの店目指して食べに行こうとしている人は食べログで休みでないことをチェックしてください。営業時間は10時半から15時。
川島町上八ツ林288-2
15030503.jpg
posted by ぐーたり at 23:36| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

沢のうどん@所沢市北原(初)/閉店

肉汁つけうどん2玉600円。
15030302.jpg
2014年11月開店。
自分は家で鍋をするときなどに投入するうどんを近所のスーパー「オザム」で買ってくるんですが、その茹でうどん「武蔵野おっきり込みうどん」を製造しているのが所沢市にある見澤食品。そこが工場の一角を改造してうどん店舗を始めました。
開店してしばらくしたので訪問。
入ってみて「お、おーっ」と思いました。思わずにやにやしてしまったのです。つまり、
15030303.jpg
もうほんと、工場の一角を仕切ったそのまんまです。内装費かけていません。うれしくなってしまいます。
壁際にはこの見澤食品が製造している麺類やつゆなどを売っています。
おっと忘れていましたが、ここはセルフ店です。
トレイがあって、まずは天ぷら類が並んでいます。80円から130円ぐらいで、10種ほどあったかな。そしておにぎりの類いもあります。自分は1玉が250gだということなので、肉汁つけうどんを2玉で注文して、天ぷら類はパスしました。
うどんとつけ汁はすぐ渡されます。ということで見込み茹でですね。
うどんはクリーム色をしていますが、風味はなし。茹で加減もやや柔らかめ。市販品のうどんをそのまま使っているわけではないようですが、単純な感想としてそんなに差はないように思いました。
つけ汁はかなり変わっていて、とろみをつけています。そして生卵が投入されています。つけ汁じたいはわりと単純な味。卵をざっとかきまぜると少々コクが増します。
というわけで肉汁うどんとしてはさほどレベルが高いものではなかったのですが、この店舗のそっけなさは一度体験しておいてもいいものかと思いました。
会計のときに月末まで有効の1玉サービス券をもらいました。これを使えば100円引きということになります。
水曜休みで10時半から15時。
所沢市北原866−18(米軍極東通信基地の東の道路から入ってすぐの立地です)
↓の外観画像の右のオレンジ色のところが店舗。その左の建物が見澤食品の本社。店舗前の駐車場のほかに、本社建物の裏にも駐車スペースがあります。
15030304.jpg
posted by ぐーたり at 22:01| Comment(2) | うどん(所沢) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする