2020年01月19日

空飛ぶうどん やまぶき家@豊中

豚バラ肉汁つけ麺830円
IMGP0004.jpg
カウンタだけの店で、メニューを見ると右最初に「肉汁つけ麺」とな。思わずこれを注文する。
後からどんどん客が来て、行列ができた頃に品が提供された。
おおっ?讃岐うどんにしては真っ白でなくクリーム色。噛み締めると小麦のうまみが結構来ますね。
つけ汁は豚肉、お揚げ、ねぎですが、甘辛が濃くて豚肉の甘み旨みがかなりある。ってことで、肉汁うどんとして、それだけで埼玉で開業しても武蔵野うどんの有力店になれるレベル。これは関西での肉汁うどんは期待できないと思っていた私にとって「なんだできるじゃん」と思わせてくれました。素晴らしい。
このメニューだけでなく、他もなかなかイケそうな店だと思いました。やはり関西、侮ってはいけない。
ところでご飯がついていました。これはメニューにも書いていないでサービスなのかどうかもわからないので不意打ちでした。
いやまあしかし、今後用事がなさそうな豊中にまた来たいと思わせる店でしたね。
月曜休みで11時半から14時半、18時から22時。
豊中市岡上の町2-2-5
IMGP0003.jpg
posted by ぐーたり at 21:25| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たつみや@茨城市

きざみうどん330円
IMGP0001 (2).jpg
阪急京都線茨城市駅からすぐのアーケード商店街にある路面店。
立ち食いです。注文するとすぐ出てくるので、もちろん茹で麺。やや細めで柔らかい。
透明なスープが、まるで自然な味ではないけれど、バランス良くていい。胃に優しい感じ。
あと、七味がスプーンですくうスタイルです。これって容器をぱっぱと振るよりも、量を目視できるんでいい感じ。
9時から19時20分。
第3水曜休み。
大阪府茨木市別院町1-4
IMGP0002 (2).jpg
posted by ぐーたり at 21:11| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大河@京都市伏見区

大河盛りぶっけけ冷1230円。
IMGP0002.jpg
最寄駅は京阪の藤森駅で、京都のうどん店の中でも食べログの点数が高い店で、前々から名前はインプットされていた店でした。
で、意外なことなんですが、高速バスで移動していて「京都深草」という高速バス停で降りることになったんですよ。そこに着くのが13時ちょいすぎになったので、どこかで昼飯を、と検索したらこの店が表示されたわけ。京阪藤森駅よりも、高速バス乗り場「深草」がとても近いです。そんなわけで訪問。
メニューを見るとむむ、千円超えが多い。でもいいや空腹だし、ということで店名の付いているぶっかけを注文。
ちょっと待って提供されました。
量はそれほど多くはなく、天ぷらは鳥もも肉、エビ、ちくわ、大葉が付いてます。
うどんは柔らかめの食感。レモンの酸味が効いている。これまた夢中になって食べてしまう品でしょう。値段的には千円超えなんで、個人的希望としては千円以内で済ませるメニューをメインにしてもらいたいですけど。
火曜休みと月曜の夜営業休み。
11時から14時半、18時から20時半。
京都市伏見区深草西浦町7-45-1
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 21:01| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かとう@中村区役所

山かけ820円
IMGP0002 (3).jpg
名古屋の讃岐うどん店。
生卵と山芋おろし、海苔とネギがトッピングされているシンプルな品。
麺がにゅるにゅるして、これは危険です、いくらでも食べられます。
山芋と卵がにゅるにゅる感をさらに高めているので、もう夢中で流し込む感じ。
このシンプルな見た目以上の魔力がありました。
火曜休みで11時から14時、17時半から21時。
名古屋市中村区太閤通3-26
IMGP0001 (3).jpg
posted by ぐーたり at 20:46| Comment(0) | うどん(東京埼玉群馬以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肉うどん さんすけ@名古屋市中区丸の内

肉うどん880円
IMGP0002 (1).jpg
名古屋出張。
気になったうどん店に訪問してみました。
食券、お水はセルフ、全てカウンタで、お盆をセルフで下げてカウンタを拭うことを店がお願いしているなど、らーめん店テイストが極めて多大な店だと感じました。私は別に嫌ではないです。
サービスで「うずら卵、鶏卵、ご飯から一つサービス」と言われたので鶏卵を頼みました。
二郎をインスパイアしているらしくトッピングが色々とできるようですが、初回訪問でもあり、システムを理解していないこともあり、食券機から出たプレートを置いて提供を待ちます。あ、その前に飲み水を持ってくる作業がありましたね。
しばらくして提供された品は、見た目は上の画像の通りです。肉が強烈に主張してますね。薄切り肉と、厚切り煮豚のダブルで、うどんは関東で言うところの「ひもかわ」麺ですね。ピラピラという感じで、カウンタに置いてある能書きでも「小麦のうまみより、食感を優先」みたいなことが書かれていました。
うん、なんとなくうどんを食べに来たような気分にはなれないけれど、そこが持ち味なのでしょう。食べ物としての満足感はありますし。IMGP0003 (1).jpg
卓上にはコショウと粉状にした鰹節、レンゲなんかもまとめてカウンタに置いてあるというところもラーメン屋テイストです。
私はしなかったけれど、トッピングという概念も二郎ラーメンからの導入ですが、斬新だと思います。
不定休で11時半から15時、15時半から21時半。
名古屋市中区丸の内2-8-30
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 20:30| Comment(0) | うどん(東京埼玉群馬以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

しき彩@美里町猪俣

肉汁うどん700円。
IMGP0003.jpg
結構前からこの店の情報があったのですが、実際にやっているのかどうか確認できずにいたのでした。
福祉系(いわゆる就労Bというやつ)のうどん店。
googleマップや道路側に立つ看板は「四季彩」ですが、ノレン、メニュー、箸袋、レシートともに「しき彩」なので、こちらが正式な店の名だと思います。
メニューはこんな感じ。
IMGP0002.jpg
他に、カウンタに揚げ置きのかき揚げが一つ100円でありました。
うどんは何と、あつもりで提供されました。それがデフォ?夏場は冷たいので出すのかな?
あつもりなので結構柔らかく感じる。小麦の風味はそれほどない。量は400gほど。
土日休みで11時から14時。
美里町猪俣308
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 08:58| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田舎うどん かあちゃん@美里町猪俣

うどん550円。
IMGP0006.jpg
あまり情報がなかった店なんですが、地粉を使ったうどんということらしいので、訪問しました。
小さな居酒屋の昼営業でうどん店というパターンです。
昼のうどんメニューはこれだけ。
IMGP0005.jpg
このあともう一店訪問予定なので、シンプルなつけ汁うどんにしました。肉汁という設定はなし。
するとお茶と一緒に何か出されました。
IMGP0007.jpg
おお、チョコ2粒。
お会計の時にチョコをくれる、かしま@所沢を思い出します。
そしてうどんが出てきました。ネットの情報で茹で置きだということは知っていたので、開店直後を狙っての訪問だったのですが、すでにふにゃふにゃになっていました。かつて農家で昼飯に食べられていた頃のように、朝、茹でて置いておくのかな。ますや@東村山みたいなものですね。でもますやのうどんの方がまだ風味があるかも。量は350gぐらいでしょうか。
会計した時にみかんをくれました。
IMGP0008.jpg
こんなふうにオマケが色々あるところは田舎っぽくていいですね。
店のおじさんおばさんも優しく話し好きな感じです。
水曜木曜休みで12時から14時。
美里町猪俣2241
IMGP0004.jpg
posted by ぐーたり at 08:30| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

喰らうどん@みなと元町

肉汁うどん780円。
IMGP0005 (1).jpg
肉汁うどんがあるとの情報があるので気になっていた店です。
しかしメニューを見ると、ぶっかけや香露(ころ)うどんなどもありますね。
果たして、うどんは讃岐タイプの白くツヤツヤ。風味はありません。つけ汁はやたらと甘い。能書きには砂糖は不使用と書いてありましたが、それでも甘い。というわけで、多摩地区や埼玉で武蔵野うどんを食べている私は、あまりのギャップに当惑してしまったというのが正直な感想です。
つけ汁にはレモンが一切れ入っていて、それは悪くはないのですが、食べる時に邪魔でした。
カウンタ席に部分的にタイルが貼ってあるのですが、見た目はいいけれどちょっと食べにくくなっています。と、なんだか細かいところにいちゃもんつけた文章になってしまいました。あくまでも個人の感想ということで勘弁。
不定休で11時半から15時。
神戸市中央区栄町3-6-17
IMGP0004 (1).jpg
posted by ぐーたり at 08:48| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

麦笑(むぎわら)@恵比須・兵庫県三木市大塚

ぶっかけ530円+ちくわ天150円。
IMGP0002 (1).jpg
恵比須といってもこちらは神戸電鉄の駅で、JR山手線の恵比寿ではない。
神戸電鉄で1時間弱、内陸に入って行ったところにある三木市にある讃岐うどん店です。
メニューは豊富で、創作メニューとかセットメニューをウリにしているようです。あと、巻き寿司だけを買いに来る客もいました。
私はともあれ上記の品を注文してみました。
ぶっかけは汁たっぷり。卓上の七味をかけて食べましたが、弾力が強いタイプの讃岐うどんなので、好みによるけど、暖かいうどんで頼みたかったかもと思いました。
寿司の方もちょっと興味あり。持ち帰りできるようだから買ってもよかったかと後悔。
火曜休みで10時半から15時。
兵庫県三木市大塚2-356-1
IMGP0001 (2).jpg
posted by ぐーたり at 21:44| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てんま@大阪市北区末広町

きざみうどん600円。
IMGP0005.jpg
武蔵野うどんの定義もわからないのですから、大阪うどんの定義のわからないのですが、こちらは大阪うどんの店ということでいいようだ。メインはカレーうどんのようですが、それでは「きざみうどん」でいきましょう。
ということで提供されたうどんの画像が上のようなものなんですが「ふーん」と思いました。
まず、めちゃ泡立っていますよね。これは豚骨ラーメンだとよく旨味を抽出しているということなのだけれど、大阪うどんでその断定が通用するのかどうかはわかりません。でも印象はいい。
スープは博多うどんのような旨味とは違います。醤油感もあり、青ネギの薬味からくるものもあり、こってり系ラーメンの重層させる旨味とはまったく異なる、しかし何種からの旨味が重なってバランスを形成しています。
なるほどなーと思いました。そして、重さがないのにもかかわらず、意外と満腹になりました。
カレーうどんも興味があるので、再訪してみたいと思います。
日曜休みで、11時から14時、夜営業は平日が17時半から21時ラストオーダー、土曜祝日は20時ラストオーダー。
大阪市北区末広町1-14
IMGP0004.jpg
posted by ぐーたり at 21:30| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どとう ぜにや@堺市中区土塔町

ちく玉天ぶっかけ・小800円。
IMGP0002 (2).jpg
関西5店訪問その2は、食べログでの点数も高いこちらの店に。
どこの駅からも遠い住宅地にある店です(バス停は近いけど)。
バス停のある通りから店が見えないので、通り過ぎてしまいましたよ。何しろ、
IMGP0003.jpg
通りから入って来ても上記のような見た目で、まったくもって店の存在感がないのですね。上記の画像の左の家が店なんですが、看板もなく、わからないです。で、入り口のところまできて覗き込んで、
IMGP0001 (1).jpg
ようやくノレンが見えて「ここでよかったんだ」と思えるという仕掛け。
で、ご覧のように平日ですが待ち客いなかったのです。ラッキーなのかな?それで遠慮なく扉を開けて中に入ったら、外で待つように言われました。
で、外に出たら、後から来た客に座る場所を指導されました。どうやらローカルルールがあるようですね。むむむ。
でも先客なかったからすぐに呼ばれて着席。
メニューを見て上記の品の「並」を頼むと、
「うちの並はかなり多いよ」と言われたので、
「そうスか、じゃ小で」と即座に変更。
しばらく待って出て来た「小」は、これ「大盛りでしょ」という量でしたね。
でも「うわ、満腹になりすぎるー」と思いながら、食べ始めると「ありゃ美味い」と夢中になってしまうクオリティでした。食べログの点数には納得します。接客へのクレームが多いのは関西ならではなのかな。
日祝月休みで11時から14時半。
大阪府堺市中区土塔町2076-1
posted by ぐーたり at 21:07| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釜粋@近鉄奈良

ちく天ぶっかけ880円。
IMGP0002.jpg
またしても関西出張。
今回は5店、訪問することができました。順番に書いていきましょう。まずはこちら「釜粋」。
近鉄奈良駅側の商店街の中にある讃岐うどん店です。
観光地ですよね。というわけで、先客3人がアジアからの観光客。その後、入ってくる人たちみんなおそらく中国や韓国からの観光客で、多分8割ぐらいそうじゃないかな。以前、梅田のうどん店で遭遇したような雰囲気に。
良い立地なので、値段もそれなりになりますが、うどんは火の通り具合を丁寧に確かめて作っていました。優等生的な讃岐うどんだと感じました。とにかく関西にくるとちくわが美味いので、ついちくわぶっかけを頼むということが多いのですが、やはり今回も「関西のうどん店ではちくわ天が美味いよなぁ」と思いました。食感、旨味ともに関東のちくわとはちょっと異なります。練り物だから、ベースとなる魚の質が異なるのでしょうかねぇ。
不定休で11時から15時、17時から21時ラストオーダー。
奈良市東向南町13-2
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 20:44| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

うどきち@所沢市和ヶ原

肉汁うどん(もち麺)並858円。
IMGP0002.jpg
移転してから初の訪問なので記事にします。
マスコミに積極的に露出する店なので「込んでるとやだな」と思っていたのですが、たまたまなのか前を通るとノレンは出てるのに駐車スペース(4台ぶん)に車がない。なので入ってみました。ノレンをくぐるとごく普通の民家っぽいドア。なるほど自宅改造したのか。
たまたまでしょうけど、先客なし。
IMGP0001.jpg
移転前の店で食べた印象を忘れていたので、基本の肉汁うどんを並で。
麺が4種あって(そのうち「ウルトラもち麺」は追加料金必要)、「一番人気」と書かれていた「もち麺」を注文。注文した後で読むと、小麦の風味が好きな私は「田舎麺」を選ぶべきだったのかも。それにしても4種類の麺を毎日用意しているのか。大変な労力のように思うけど。
しばらくして提供されました。
渦巻くような麺のビジュアル。食べてみると、ん、とてもヌルヌルしている。だから噛み締めにくいのだけれど、小麦の風味旨味も感じられます。300gとのことだけれど、もうちょっと350gある感じ。つけ汁も具がほどほどに入っている。豚肉はやや硬かった。卓上にすりゴマはなく七味のみ。
火曜水曜休みで11時半から14時15分。
所沢市和ヶ原1-691-62
IMGP0004.jpg
posted by ぐーたり at 08:13| Comment(0) | うどん(所沢) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

金笛しょうゆパーク レストラン@川島町上伊草

醤油屋の木桶うどん単品880円。
IMGP0003.jpg
埼玉県の醤油醸造所といえば「金笛」と「弓削田」が有名ではないでしょうか。この2つは結構スーパーマーケットにも置いてあったりするので入手が容易です。弓削田醤油@日高市はずいぶん前に醸造が見学できて卵かけごはんや醤油ソフトクリームが食べられる施設「醤遊王国」を作りましたが、このたび、金笛醤油の方も「金笛しょうゆパーク」というものを作りました。
すでにこちらは川越で「うんとん処初夏秋冬」というレストランを経営しているのですが、いかにも観光客狙いという感じがして、これまで私は訪問していませんでした。
さてこちらのレストラン。うどんメニューに数種のおかずがつく「おばんざい」をつけると1300円とかになってしまうので、つけ汁うどんを単品で頼みました。うどんは冷たいのでお願い。
うどんは醤油桶をイメージしたのか、木桶に入っています。量は300gほど。大盛りにしたければ+100円。小麦の風味はありませんが、食感がいいうどんです。
つけ汁は2種類ついていて、一つは肉汁。もう一つは川島町ということで、すったて汁です。どちらも自然な旨味たっぷり、というか醤油屋が経営するレストランで、ここは手抜きできない部分でしょう。
IMGP0001.jpg
レストランだけでなく、工場見学もでき、直売もあり、レンタサイクルまでありますね。
レストランは不定休で11時半から16時半ラストオーダー。
川島町上伊草660
IMGP0004.jpg
posted by ぐーたり at 17:30| Comment(0) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

堀兼うどん おおやま@狭山市堀兼

肉汁うどん650円。
IMGP0001.jpg
2019年の早い時期に開店。
自宅を改造して店舗にしたタイプの店。うどんメインだがそばも食べれるようだ。
肉汁うどんを注文。
割とすぐに提供されたので見込み茹でしているようだ。
うどんは300gほど。+100円で大盛りにできる。
噛み締めても小麦の風味はない。硬すぎず柔すぎずに火が通って、適度な弾力で食べさせるタイプのうどんだった。
つけ汁はしょっぱめ。卓上にはすりゴマがあった。
食べ始めるとすぐにお茶が出され、食べ終わり頃のタイミングでつけ汁を割るお湯が提供された。
店内に天ぷらやお惣菜コーナーがあったが、私の訪問時は揚げ置きの天ぷらだけで惣菜類はなかった。どれもセルフで取ってあとで申告加算されるようで100円。
日曜休みで11時から13時半ラストオーダー。
狭山市堀兼2646-9
店の所在地は、↑この地番でマップで検索するよりも、ホームページから確認するのがラクです。
IMGP0002.jpg
posted by ぐーたり at 21:09| Comment(0) | うどん(狭山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする