2018年01月18日

こぶし@JR立川駅構内

肉汁うどん730円。
IMGP0002 (1).jpg
甲府出張の翌日、どこかでうどんを食べて帰ろうかと思いました。車でないので甲府駅近くに限るのですが、朝からやっているような店もなく、そのうち「そうだ、立川駅構内の武蔵野うどん店」と思い出し、さっさと中央本線に乗ってしまいました。立川駅の改札の中にあるので、ちょいとハードル高い。
駅なかというと三鷹駅でも武蔵野うどんが提供されている店がありますが、こちら「こぶし」はもっと落ち着いて食べられるような感じ。
しかしさほど待たせません。やはり見込み茹でのようです。量は300gほど。しかし麺には胚芽らしきツブツブが見えます。噛み締めると芯まで火が通っていて、強くはないけれど風味もあります。庄司グループのうどんに近いタイプ。
つけ汁も椎茸など入っていて、よくできてます。小皿できんぴらも。
麺は+150円で1.5倍、+200円で2倍にできますね2倍だと約600gぐらいになって、豪快になるけれど、そうなるとお値段も930円になってしまいます。
基本無休で7時から22時(日祝は21時)。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 16:04| Comment(0) | うどん(上記以外の多摩) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちよだ@甲府

おざら720円。
IMGP0002.jpg
甲府に出張してきました。ほうとうをウリにしている店がいくつかありますが、つけ汁うどんである「おざら」というものもあるということで、甲府駅近くのこちらの店を訪問しようと思いました。
ちょうど昼時。店の近くまで来ると、結構行列している飲食店もあったりします。
しかしこの「ちよだ」さんは扉を開けて入ると前客なし。地元民には支持されてないのか?と思いましたがまあいいや。「おざら」を注文します。
壁に「おざらは15分かかります」と書かれている。ところがっ、あっという間に提供されました。なんだよ、茹で置きかい。
見た目は平打ちの麺が複雑に歪んでいて、いい感じなのですが、茹で置きのせいか、いきの良さが感じられません。風味もなく、評価ポイントがどこにも見当たらない感じ。
日祝休みで11時半から13時半、17時半から22時半。
甲府市丸の内2-4-8
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 15:48| Comment(0) | うどん(東京埼玉群馬以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

丸藤うどん@熊谷市成沢

肉汁うどん中320円+かき揚げ70円+卵焼き80円。
IMGP0015.jpg
讃岐セルフスタイルの店。うどんもどちらかというと讃岐っぽいので、訪問を後回しにしていた。開店は2012年とのことだから6年近く後回しにしていたことになる。
下の外観画像のノレンが出ているところから入るといきなり殺風景な食堂。うどんの注文はこの入り口から最も奥の方ですることになる。厨房の位置の関係でこうしているのだろうけど、なんか変な感じで面白い。
うどんは茹で置き、天ぷら類も全部揚げ置きで冷めている。
中盛りで400gほどだろうか。つけ汁はかなりしょっぱい。
かき揚げにはごぼうが入っている。
卵焼きは甘い味。
惣菜類を温める工夫があるともっといいけど、これでトータル470円だからなかなか安価だと思います。
月曜休みで11時から15時。
熊谷市成沢410
IMGP0014.jpg
posted by ぐーたり at 17:02| Comment(0) | うどん(熊谷) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

小山屋@大宮公園

なす汁うどん680円。
IMGP0016.jpg
外の看板にも「なす汁うどん」とアピールしているので注文。
店内たくさんいる客はうどんとラーメンを食べている。10分ほどで提供された。
うどんは平打ちだが、不揃い。全体的に短め。風味はさほど感じないけれど、田舎うどんっぽいうまさがあります。つけ汁はナスと油揚げ。醤油がツンとくるほど強い。ちょっと後に割り湯が出された。
年季の入った大衆食堂っぽい店で、おそらく近場の住人の支持を集めているのでしょう。気安さと居心地の良さがあります。
月曜休みで11時から15時、17時から20時ラストオーダー。
外観写真の右端にちょっと車が見えているけど、そこが専用駐車スペースで3台分あり。
さいたま市大宮区寿能町1-105
IMGP0015.jpg
posted by ぐーたり at 16:45| Comment(0) | うどん(さいたま市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

福久味@武蔵藤沢

温玉とろろ(温)670円。
IMGP0002.jpg
2017年4月、日高市から移転して開店。
新しい店舗の地番だけを頼りに訪問してみると、なんと西武池袋線武蔵藤沢駅の東口降りてすぐの立地でした。
入り口横の食券機で思いつきで上記の品をポチります。
まーもともと風味のあるタイプのうどんではなかったので。
特徴はないけれど、もっちりと食べさせるうどんです。
デザートにムースも付いてました。
車でアクセスしたい人は、隣接しているショッピングモール「グリーンガーデン武蔵藤沢」が2時間無料で停められますので買い物がてら利用しましょう。COOP前あたりに停めて駐車場から駅東口に出てすぐ店があります。
火曜休みで11時から14時、18時から20時半ラストオーダー。
入間市東藤沢3-3-8
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 16:20| Comment(0) | うどん(入間) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小麦屋@さいたま市見沼区東門前

ひやがけ820円。
IMGP0019.jpg
蕎麦とうどんの店だけれど店名に「小麦」とあるからには訪問しなくては、ということで。
東武野田線七里駅から1kmほど離れた場所にあります。マルエツに隣接している立地。
群馬県産の小麦を使用したうどんだとのこと。
醤油を控えめにしたぶっかけうどんである「ひやがけ」を注文。具は大根おろし、揚げ玉、鰹節。うどんは細めで香るタイプではない。量は300gほど。
麺は冷たく出汁は温かい、いわゆる「ひやあつ」をこの店では「しるおん」と呼んでいるようで、それでお願いしました。出汁は自然なうまみたっぷり。
店内はお年寄りが目立ちました。
月曜休みで11時から15時。
さいたま市見沼区東門前76
IMGP0018.jpg
posted by ぐーたり at 16:02| Comment(0) | うどん(さいたま市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

手打ちうどん大宮@さいたま市北区別所町

野菜天うどん800円。
IMGP0016.jpg
店名は大宮だけれど、最寄駅は上尾になるようだ。
食べログにはレビューが一つだけしかない。他にネット上に訪問した記事も見当たらない。こういう場合って、訪問してみると閉店してましたという確率が高いんだけれど、行ってみるとやってました。ちょっと薄暗い店内。先客はない。
メニューが見当たらずキョロキョロして、テレビの下の壁に貼り紙があるのを発見。
IMGP0015.jpg
シンプルに3つしか品目がないようです。
そこで野菜天うどんを注文。
しばらく待って出てきたうどんは、クリーム色で400g強ぐらい。噛み締めると風味はなくて、やや硬め。つけ汁にはエノキ、しめじ、椎茸が入っています。天ぷらはカボチャ、春菊、サツマイモ、竹輪。ちゃんとしたうどん店だけど、場所が悪いからレビューが少ないのでしょうかね。
火曜休みで11時半から14時、17時から19時半。
さいたま市北区別所町97-13
店の前に3台分の駐車スペースあり
IMGP0014.jpg
posted by ぐーたり at 18:02| Comment(0) | うどん(さいたま市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

うどん蔵ふじたや@岸和田

ちく玉うどん(ぶっかけ、ひやあつ)850円。
IMGP0011.jpg
岸和田にある讃岐うどん店。
うどんの弾力の「生き」がいい感じです。入り口横の麺打ち場でうどんを打っているが見えます。弾力ありますが強情ではなくて程よく嚙み切れる。
ちくわはやはり関西四国のものはうまいと感じます。卵は黄身が赤に近いような強烈な色をしてました。
岸和田市筋海町8-9
IMGP0010.jpg
posted by ぐーたり at 07:33| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なにわ家 曽根崎本店@東梅田

天ぷらうどん380円。
IMGP0002 (1).jpg
朝うどんです。なんとここは24時間営業らしい。朝の7時半ぐらいに訪問しました。
天ぷらうどんで、麺は茹でおきなんでしょうけれど、スープは醤油感が少なくうまみがあります。ちょっと七味を振ったらとてもいい香りだった。
しかしながらちょっと胃もたれしました。24時間営業ということでちょっと揚げ油が疲れていたのかもしれません。天ぷらじゃないメニューの方がいいかも。
大阪市曾根崎2-7-5
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 07:24| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さざめうどん落柿舎@南森町

野菜天うどん750円。
IMGP0002.jpg
また大阪出張で、総計3店でうどんを食べました。
まずは仕事場に向かう途中にあった店。さざめうどんというのは「細身のうどん」という意味らしい。
注文してしばらくして出て来た品は、「えっ!」と驚くほど少なめ。器の底の方にちょっとあるだけです。5センチぐらいの深みしかない。うどんは確かに細くて、しかし博多うどんのように伸びるというわけでもない。量は少ないですが、出汁は自然なうまみでとても美味でした。
第二第三日曜休み。営業時間は食べログ記載の時間の中休みの時に訪問してので、通し営業している様子。
大阪市北区西天満5-3-1
雑居ビルの一階のちょっと奥まったところにあります。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 07:15| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

千壽@浦和区瀬ヶ崎3

カレーうどん900円。
IMGP0018.jpg
おそらく何回かさいたま市のうどんが続くことになるかと思います。
しかしうどん専門店って、さいたま市にはそれほど(人口の割には)ないですね。そば・うどん店でそばメインの店が多いように思います。
この日は浦和区の瀬ヶ崎という場所に用事があり、その近辺で食事をすることに。調べて出てきたのがこの店。
ともあれ訪問しました。
入り口の扉を開けて入って「!」。てっきりよくあるお店のフロアが中に広がっていると思いきや、いきなり玄関で靴を脱ぐことに。そして「どうぞ」といくつかある部屋の一つに通されました。入った部屋は座卓が6つほどあって、お客さんが半分ぐらい入っています。メニューを開いてなんとなくカレーうどんを注文。ぼんやりと待っていると、前客がどんどん帰って部屋には自分だけになったのでパチリ。
IMGP0017.jpg
ほどなくカレーうどんがやってきました。
いい香り。やや細めのうどんはぬるりとして、とろみのあるカレー汁に馴染んでいます。そうそう、こういうのが食べたいと思ったのでした。
木曜休みで11時半から14時半、17時半から20時ラストオーダー。
さいたま市浦和区瀬ヶ崎3-15-1
IMGP0019.jpg
posted by ぐーたり at 18:09| Comment(2) | うどん(さいたま市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

かっぱふれあい館@志木市本町3

田子山富士うろん680円。
IMGP0002.jpg
前日に杉戸町で米粉で作ったうどんを食べて「形状が異なればもっと良くなるのでは」と思ったのだけれど、同時に「あ、確か志木市でそんな試みをしていたはず」とネット検索していて見つけたけれど、まだ訪問していなかった店を思い出した。
そこで早速行って見ました。「かっぱふれあい館」という、志木市をアピールするアンテナショップのような場所らしい。入ってみると壁際に数席あり、ちゃんと飲食店として機能しているようだ。ちなみに夜には飲み屋になるみたい。地域食堂を目指しているのかもしれない。
さて、その「田子山富士うろん」はこんな形状でした。
IMGP0003.jpg
お餅みたい。しかし粘っこくなくて、食感は醤油を塗って焼く前の、茹でただけの団子みたいな感じ。これは醤油焼き団子を自作したことないとわからないか。ちょっとざらっとした米粒の感触を残しているのね。なるほど、この方向性ならありかも。
しかし盛りだくさんの定食です。右下はとろろ。左上は豆腐。上真ん中はかき揚げ、コロッケ、エビフライ、ピーマン天、唐揚げ。さらに食べ終わりにデザートまで。
IMGP0004.jpg
腹一杯です。苦しい。久々にその後に消化薬を飲みました。
ちなみに普通の小麦で作ったうどんもあるそうです。
IMGP0001.jpg
年中無休で11時半から14時。しかし大安と友引の日は近くの敷島神社境内に出店しているとのこと。
志木市本町3-1-55
IMGP0005.jpg
posted by ぐーたり at 17:15| Comment(2) | うどん(上記以外の埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

食堂あぐり亭@杉戸町才羽

天付きもりうどん800円。
IMGP0014.jpg
杉戸町にある「アグリパークゆめすぎと」という、公園と道の駅が合体したような場所にある食堂。
うどんはメニューの一部でしかないのだが、このブログのためにうどんを食べることにした。
メニューは多彩です。
IMGP0015.jpg
食券を買って窓口に差し出す。
できると番号で呼ばれるセルフスタイル。
小麦粉で作ったうどんではなく、米粉で作ったうどんだということだ。
しばらく待って番号を呼ばれる。
うどんは真っ白。噛み締めると歯を跳ね返すような強い弾力。で、ちょっと粘り気もある。
米粉で作ったパンを食べたことがあるけれど、やはり「コレジャナイ」感があるんですよね。食感はいいと思うけれど、なんとなく物足りなさが残る感じ。
米粉で作ったうどんにも似たような「物足りなさ」を感じてしまいました。もっと違う形状の方がいいかもしれない。例えば耳うどんみたいにするとか。でもそうするとどんどん餅のようになってしまうか。難しいです。
第一と第三水曜休みで平日10時半から土日祝は10時から17時まで。
杉戸町才羽823-2
IMGP0013.jpg
posted by ぐーたり at 18:18| Comment(0) | うどん(所沢) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

将@狭山市入間川1

肉汁うどん600円。
IMGP0003.jpg
居酒屋がランチ営業でうどんを提供しているというパターンの店。いつから始めたのかはわからない。
ともあれまるで情報がないので訪問してみました。
狭山市役所にほど近い立地で、西武新宿線の狭山市駅西口からも500mほどのところにある。
いかにも居酒屋だけれど「うどん」のノボリもあるので入ってみる。
メニューはこんな。
IMGP0002.jpg
下仁田ネギを使ったネギ天うどんが気になるけれど、まずは肉汁で。
しばし待って出てきた品は、うどんは350gぐらい。うどんにゴマがかかってますが、噛み締めてみると無骨な硬さで、風味あります。つけ汁はアツアツで量が多め。
不定休で11時から14時半。
狭山市入間川1-10-6
店の前に2台ほど駐車スペースあり。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 19:36| Comment(0) | うどん(狭山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

小鹿野町地域資源活用センター@小鹿野町両神薄

ざるうどん600円+天ぷら200円。
IMGP0005.jpg
小鹿野に用事ができた。そこで前々から気になっていたうどんを食べることに。
ネット情報がほとんどないので、どんなうどんなのかわからない。でも「地域資源活用センター」ですよ。ちょっと、じゃなく、かなりソソられました。
小鹿野町の中心部からちょっと行ったところにあります。元々は両神村というところで、町村合併で今は小鹿野町になっている。私は「もろがみむら」と読むのだと思っていたけれど、違いますね「りょうかみむら」。
「道の駅」があって、そこに農産物直売所、温泉施設、そしてこの「資源活用センター」がある。
ネット情報では10時からと書かれていたけれど、10時半からでした。着いたのがちょうど10時半だったので、無駄に待たないで良かった。
IMGP0002.jpg
そば打ち体験する場所で食事も提供しているという施設らしい。
しかし開店直後だったせいか、全く暖房が効いてなくて寒い。
IMGP0004.jpg
注文して、自分でお茶を入れます。
すると「どうぞ」ときゅうりの酢漬けが出されました。
IMGP0003.jpg
さて、うどんは量は300gほど。海苔をかき分けて一本噛み締めてみたけれど、風味はなく讃岐うどんっぽいタイプでした。自分が期待していたようなうどんではなかったです。まー、情報がない場所なので仕方ない。
火曜休みで10時半から14時半。
小鹿野町両神薄2395
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 21:22| Comment(2) | うどん(秩父周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする