2019年06月21日

たまや@北埠頭

肉汁つけうどん850円。
IMGP0012.jpg
東京や埼玉から遠く離れた場所で「武蔵野うどん」を標榜している店がちらほらあるのですが、ここ神戸にあるのが「たまや」です。ポートライナーの「北埠頭」という駅(神戸空港と三宮の途中に、分岐している路線があるが、そちらにある駅)を降りてすぐの建物内にあります。
さて、どんなものか。まずメニュー。
IMGP0010.jpg
ふーん、つけ汁の種類が多いな。
あと、ランチは大盛りも無料か。それより、ランチタイムに唐揚げとライス食べ放題ってのがすごい。
オーソドックスに肉汁つけうどんを注文。麺の量は並みにしました。
店内の真ん中にライスと唐揚げが置いてあって、セルフで取るようになっている。では2個ぐらい。
IMGP0011.jpg
うん、美味しい唐揚げです。ライスは遠慮しといた。
程なくうどんが到着。
うわ、うどんを乗せている器がでかいけど、麺量は400gほどかな。しかし真っ白な讃岐うどんタイプですね。
つけ汁は……醤油感が薄いのは予想の範疇だけど、旨味も薄いかな。おあげが大きめで、豚肉はあまり旨味が多くない。
すぐ私の頭の中で「まーあれだな、外国行って寿司とかラーメンとか食べてるようなもんだからな」と思ったのでした。
それよりも、隣のテーブルの客が、自分たちがランチを食べている店がどこかを電話で説明していたのだけれど「ほら、唐揚げの店だよ」と言っていた。うどんじゃなくて、唐揚げ食べ放題の方がアピールポイントのようです。
日祝休みで11時から20時。
神戸市中央区港島中町2-1-12 北埠頭デッキプラザ 2F
IMGP0009.jpg
posted by ぐーたり at 10:04| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

うどん工房 悠々@塚口

肉きんぴらぶっかけ850円。
IMGP0003.jpg
またしても関西出張。
今回は阪急神戸線の塚口という駅で途中下車してこちらの店に訪問。駅から至近距離です。
ビル内にある小さめの店。
まずお冷やとぐい呑みに何か入っているものが提供されました。
IMGP0002.jpg
ちょっと舐めてみると、甘めの酢ですね。食前酢ですか。
注文してから、うどん種から機械切り出しをして、茹で始めます。
カウンタ席からなんとなく見ていると、いったん茹で上げた麺を、もういちど湯に入れています。何だろう?
そんな過程を経て提供されたのが注文してから10分から15分後ぐらい。肉もあり、きんぴらもありの見た目です。早速いただこう。
うどんは絶妙な柔らかさ。なるほど、この加減を調整していたのかな。柔らかいのに、密度の高い感じです。
きんぴらは合いますね。夢中で啜って食べれる品でした。
月曜休みで11時から15時、17時半から21時。日曜は通し営業で11時から20時。
尼崎市南塚口町2-1-2
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 22:14| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

にしかわ輝恵(きえ)@東村山市秋津町3

肉汁うどん600円。
IMGP0005.jpg
東村山グルメ日記2というブログを書いているマサさんのツイッター情報で久々に東村山に新しいうどん店ができたことを知る。外観画像からして自宅系なのでソソられ、出動。
所沢街道からちょっと住宅地に入ったところにあります。所沢市と東村山市の境界に近い場所。スーパー「サエキ」やドラッグストア「セイムス」が近い。一番下の外観画像のように、見事に自宅です。玄関にノレン、外にノボリがあってなんとか飲食店をやっていることがわかる。
メニューは潔く「肉汁うどん」と「冷やしうどん」の2つ。その他、店内でパンなども売っていました。
IMGP0002.jpg
まだ他にお客さんがいなかったので店内画像も。テーブル4卓です。
IMGP0003.jpg
肉汁うどんを頼むと、程なくして天ぷらを揚げている音がしてくる。ということはかき揚げ付きだと予想できました。
先に小鉢が提供されます。
IMGP0004.jpg
その後、10分ほどで提供されました。
うどんは350gほどか。短めで、小麦の風味はさほど感じませんが、いかにも手作りという太さのばらつきがあり、そこが食感にも影響しています。田舎うどんっぽさ、素朴さを感じます。
つけ汁は真っ黒。豚肉が角煮です。これは珍しいかも。そしてとても柔らかい。天ぷらはぼてっとして家庭的なもの。
店の前に2台分の駐車スペースがあります。
最寄駅は所沢駅になります。東口から徒歩10分ぐらいでしょう。
火曜休みで12時から14時と営業時間短いです。
東村山市秋津町3-22-1
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 13:10| Comment(0) | うどん(東村山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

秩父うさぎだ食堂@秩父市下吉田

ホエーうどん980円。
IMGP0004.jpg
ワイン醸造の「兎田ワイナリー」が併設したレストラン。
そこでちょっと変わったうどんを出しているという情報を見て訪問した。
ホエーを使用したスープのうどんだそうで、ホエーとはチーズを作る時にできるもので、それを食べさせて育てた豚をホエー豚と言って売っているのは聞いたことある人もいるかもしれない。
スープは確かにチーズの風味がある。強くはなく程よい。うどんは細麺で、かなり冷麦に近い細さ。トッピングされているのは焼きチーズとルッコラ。なるほどね。レストランなのでこの値段での提供だけど、もっと簡単な設備でいいので500円ぐらいで提供されると嬉しい。
入口のところにも「ホエーうどん」との看板があります。
IMGP0002.jpg
他のお客さんはこのホエーうどんにわらじカツを合わせて注文していました。
うどんメニューは全部で4つあり。
IMGP0003.jpg
月曜休みで11時から15時ラストオーダー。
秩父市下吉田3942
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 08:20| Comment(0) | うどん(秩父周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いま井や@藤岡市上大塚

肉汁あつもり500円。
IMGP0008.jpg
メニューを見ると「白虎うどん」「大関うどん」とよくわからないネーミングがある。ま、後で調べてみることにして、スタンダードに「肉汁あつもり」を注文。
これ「あたたかいうどん」の方に書いてあって「冷たいうどん」の方には肉汁つけうどんの類が見当たらない。ところが、出て来たうどんは麺があたたかくはなかった。「あつもり」っていうからには茹でた麺を再度湯につけて提供するもの、と思っていたが違うようだ。
うどんはムニュムニュした食感の北関東うどん。量は400gほど。
つけ汁は、甘さがなく醤油味のシンプルなもの。刻みネギが青い部分も結構入っている。
天ぷらは頼まなかったが、店内に天ぷらを入れてある棚があって、そこからセルフで取って会計時に申告するというスタイル。
それから、店内がけっこう暗めだったことも特徴的かもしれない。
帰宅してから調べると「白虎うどん」は味噌味スープ、「大関うどん」は麺大盛りで肉、山菜、油揚げの入ったうどんとのことらしい。
火曜休みで、11時から15時。
群馬県藤岡市上大塚1425
IMGP0007.jpg
posted by ぐーたり at 08:00| Comment(0) | うどん(群馬県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

熊麦@行田市前谷

肉汁うどん並盛り700円。
IMGP0005.jpg
IMGP0002.jpg
小川町にあった「高見屋」が移転してこちらで2018年7月から営業開始。
席について注文すると、薬味とともにまず2枚目画像のような、無料お通しみたいなものが提供されました。これは柴漬けのポテトサラダです。
前は小高いところにあって眺めがよかったけれど、今度の店も周りが広々としていて眺めがいいですよ。窓際のカウンタ席からはこんな眺めです。
IMGP0004.jpg
すぐ前を新幹線の高架が見えて、時々列車が通過します。その向こうには随分遠くで車が行き交っているのが見えるから、国道17号ですね。ということは国道17号からもこの店が視認できるということか。
それはともかく、注文してから茹でるので15分とか20分待つことは見込んで、ゆったり待ちます。
さて、提供されたうどんは並盛りで420gとのこと。つやつやして黄色く見えます。程よい火入れ具合の噛みごたえ。噛み締めると小麦の旨味も感じます。
つけ汁は豚肉、ねぎ、油揚げなど細かく刻んであり、ごま油も使われているのかな。甘みのある汁でした。
金曜休みで11時から15時。
行田市前谷679-1
IMGP0001.jpg
朝うどんを始めましたとの告知が貼ってありました。
火曜・水曜・土曜の9時から11時。
「冷やしぶっかけうどん」「きんぴらうどん」「ジャージャンうどん」500円、コーヒー付きだとのこと。
IMGP0006.jpg
posted by ぐーたり at 19:09| Comment(0) | うどん(行田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

うどん槇@新座市馬場4

肉汁うどん小(400g)600円+野菜天盛り合わせ200円。
IMGP0001.jpg
ここのところ関西など出張の折に食べるうどん記事ばかりで武蔵野うどんがおろそかになっていました。
いや、初訪問ではない店で武蔵野うどんも食べているんですが、だいたい普段デジカメを持ち歩いていないもんで記事にしてませんでした。
これではいけない、とようやく自覚して、ともあれタイトル下にも書いてあるように「久々の訪問店」を記事にしないと。
と思っていたら、ちょうど新座市で所用ができ、それが昼間に終わるということで、ではどこか訪問して記事アップしようと思いました。そしてこちらの店に。
変わらないです。気取らない雰囲気。駅から遠いこともあって、地元の人たちがほどほど入っている。
20分ほど待って提供されました。
うどんは程よく火が通っている。硬くないけど無骨なうどん。それほど小麦の風味は感じません。つけ汁には肉たっぷり。そして新座市はニンジンの収穫が多いということでニンジンのきんぴら付き。
野菜天は小さめで種類たくさん、サツマイモ、にんじん、エリンギ、ピーマン、パプリカ。
posted by ぐーたり at 18:05| Comment(0) | いつもの店いつもの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

金沢製麺所 近江町店@金沢市十間町

ちくわ天うどん788円。
IMGP0007.jpg
金沢ではうどんを食べる予定はなかった。やはり魚が食べたい。
そこで近江町市場という場所に出向いて、回転寿司の大倉という店に入り「ガスエビ」「のどぐろ」を注文、さらに2皿ほどいただくと「魚食べたい」欲が満たされた。まだ腹に余裕がある。ならばうどんを。ということで、近江町市場に近く、食べログ点数も高いこの店を訪問。
寒いので暖かいうどんを注文。前客がなかったためか、思いのほか早く提供された。
「?」あまりうどんに弾力がない。タイミング悪かったかな。冷たいうどんにすべきだったか。
さすがにちくわは美味い。
アーモンドが添えられているのは珍しいと思ったが、意図はなんだろう?
これからも何度か金沢に来ることになりそうだけれど、今後は回転寿司めぐりでいいかな。
この店のすぐ近くに東出珈琲店という喫茶店があり、そこでコーヒーをいただく。マスターが常連客とうどんの話をしていた。
「!」と思って聞いていると、金沢のうどんの話ではなくて、マスターが福岡に旅行に行ったらしく、牧のうどんの話を熱心に語っていたのでした。
無休で11時から14時半。
金沢市十間町46
IMGP0006.jpg
posted by ぐーたり at 09:35| Comment(0) | うどん(東京埼玉群馬以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都そば 梅田店@東梅田

きざみうどん330円。
IMGP0002 (1).jpg
梅田の安いビジネスホテルに泊まって、朝の高速バスで金沢に向かうのですが、梅田で朝うどんしました。
以前の出張で潮屋となにわ家は食べているので、今度は都そばという店。大阪で幅広く店を出しているチェーンらしい。
暖簾に製麺所の名前が入っていたので、そこが経営しているのでしょう。うどん、そば、ラーメンもある。
きざみうどんを注文すると、茹でたうどんをビニール袋を開封して温める。油あげも、すでに刻んであるものをビニール袋を開封してトッピング。というわけで、特徴があるわけではないけれど、朝からやっているということで使い勝手がいい。
無休で6時半から22時。
大阪市北区堂山町5-1
IMGP0001 (1).jpg
posted by ぐーたり at 09:20| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊るうどん 梅田店@大阪駅前第3ビル

まいたけ天温玉生醤油760円。
IMGP0002.jpg
またしても大阪出張。
踊るうどんは滝井の本店でと思っていたけれど、地理的に便利なこちらでいただくことにした。
大阪駅前第3ビルということですが、でかいビルの地下1階と2階がほとんど飲食店ということで探すのにちょっと苦労。
地下2階の、大阪駅からは遠いあたりにあります。
あまり事前に調べず訪問しているので、うどんがびよ〜んと伸びることに驚く。まるで博多のうどんのよう。しなやかな食感です。
そこにまいたけ天と温玉で、ペロリといただける品でした。
無給で11時から15時、17時から21時半ラストオーダー。
IMGP0001.jpg
posted by ぐーたり at 09:09| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

青空blue@肥後橋(大阪市北区)

ちく天ぶっかけ920円+自家製粗挽きうどん100円+消費税=1102円。
aozora01.jpg
褐色のうどんをウリにしている店が大阪にあるということは気づいていました。
が、値段が1000円を超えるということから「まーここは訪問しないでいいか」と思っていた店でした。
しかし淀屋橋に昼ごろ着くというスケジュールだったので、訪問することにしたのでした。
入ってみるとなかなか人が入っています。大阪のビジネスの中心地みたいな場所なので、その辺りで働いている人のお昼需要に応えている感じ。メニューを見るとやはり「うーん高い」と思ってしまう。貧乏根性な私としては、やはり1000円超えるメニューは注文できないなぁ。
なので920円とかいてあったちく天ぶっかけを頼んだけれど、褐色のうどんは+100円だとは気づかなかった。しかしここまで来て褐色のうどんを頼まないわけにはいかないので、頼んだのでした。そして食べたあと、レジで「え、外税!」と驚く。メニューにも「+税」とは書いてあったけどやはり外税はやめてほしいよなぁ。
うどんは噛み締めてみるけれど風味が立ち上ってこなかった。あとはあまり記憶に残ってないです。
ちく天のために小皿に塩が出て来て「おおっ」と思ったけれど、塩をなめてみると個人的な味覚としてはイマイチ。
あと、うどんとは関係ないことだけれどBGMの音のバランスが良くないので吸音材とかをコーナーなどに貼って調整するか、できなければ音自体のボリュームを下げた方がいいと思います。耳障りが悪いと、食べたものがマズく感じると思うので。
日曜休みで11時半から14時半、17時半から22時半(土曜祝日は21時半)。
大阪府大阪市中央区平野町4-5-8
aozora02.jpg
posted by ぐーたり at 22:15| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺達@三条京阪

ひやひや+京丹波大黒本しめじ天丼 1000円。
mentatu01.jpg
mentatu02.jpg
三条と言っても鴨川の東。三条京阪の駅を出て北の方向にちょっと歩いたところにある。あんまり観光客はいないような場所。
全粒粉を使ったうどんらしく、褐色。
しかし刻み海苔を乗せているので全粒粉っぽい風味があるかどうかは確かめられず。
量は300gほどかな。茹で加減は程よい具合で食感がいい。
さて「京丹波大黒本しめじ」なんですが、ちょっと期待したのは「香り松茸、味しめじと言われるが、スーパーで<しめじ>として売られているのは本来のしめじではない」ということで、長らく「では、本当のしめじはすごくウマいのか?」と思っていたのでした。それで食べてみたけれど、結論から言えば、私の舌では「味しめじ」というほどのウマさは感じ取れませんでした。あれ〜?
不定休で11時半から18時半。
京都市左京区新車屋町156-1
mentatu03.jpg
posted by ぐーたり at 21:38| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やまびこ@寺田(京都府城陽市)

酒粕うどん600円。
yamabiko01.jpg
近鉄の寺田駅から少々歩いた住宅地にあるうどん店。
しかし人気店です。12時前だというのにいっぱいお客さんが入っている。
珍しいメニューだと思って酒粕うどんを注文。
しばらく待って提供された品は、なるほど酒粕の風味はあるけれど、前の日に食べた西京ぶっかけと同じように、白味噌の味わいなのね。
うどんは程よい弾力で、出汁のバランスもよく、画像だけだとどうということない味噌ラーメンみたいだけれど、一気に食べられて、しかも後をひくうまさに溢れていました。
テレビもついているし、うどんをカウンタ席の目前で打っている店主?は、常連客とネットゲームの話に興じているという、気さくな雰囲気の店でした。
月曜休みで11時から20時。
京都府城陽市寺田尺後1-19
yamabiko02.jpg
posted by ぐーたり at 21:25| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たなか家@玉水(京都府井手町)

西京ぶっかけ660円+ちくわ天80円。
tanaka01.jpg
最寄駅はJR奈良線の玉水駅ですが、訳あって私は近鉄の新田辺駅で降りました。そこでレンタサイクルを借りて移動。新田辺駅から玉水駅までは移動に要する距離で4kmほどあります。歩くと大変ですが、自転車なら大したことはない。
しかし、私と同じような手段(レンタサイクル)でアクセスしようとする人は、アシストサイクルを借りるべきだと思います。普通自転車を借りた私は、玉水駅からこの店までの、おそらくは10階建ぶんぐらい登っていく坂道に体力を消耗させられました。
それだけ登った上にある店なので、眺めはとてもいいです。店内はテラス席もあって、当然ながらそこから埋まっていました。
お客さんがいないエリアはこんな感じ。
tanaka02.jpg
讃岐うどんですから、注文して、番号札を渡され、呼び出されるのを待ちます。
私は上記の品を注文。天ぷら類は、呼ばれて、会計する横にあるのでそこでチョイスする方式。
西京ぶっかけというのは、白味噌ベースのつゆがかけられている品。
ともあれ食べてみましょう。
「おっ!」
身も蓋もないけど、うどんはニュルっとしてるし、ぶっかけスープは旨味、酸味(柑橘系)、甘みのバランスが高度。これは素晴らしい品だと思いました。
日曜休みで11時から14時。
京都府綴喜郡井手町井手玉ノ井20-1
tanaka03.jpg
上の画像のような外観ですが、入っていくと暖簾があります。
tanaka04.jpg
posted by ぐーたり at 21:10| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香粋一@新大宮(奈良県)

ランチセット(かけうどん+ちく天丼)
kasuiti02.jpg
またしても関西出張。この一年で6度目です。食べたうどんをアップしていきましょう。
まずは奈良県に来ました。平城京の遺跡にもほど近い場所になります。
店名からしてかすうどんがイチオシメニューなのでしょうけれど、店内入るとあれれ、ほぼ満席。しかも当然のようにランチのセットメニューを注文する流れになってしまって、上記の品を注文。
少し待って提供されました。
上の画像ではわかりにくいでしょうけれど、うどんの器が大き目。ということで600円という値段からするとたいへんコスパに優れている。
うどんは自家製でしょうけれど、特別な印象はなし。スープもまあ、それほどとも感じません。丼のご飯もややべちゃっとしていた。
一つ一つは平凡な印象ですが、ともあれコスパがいいということで満席なのでしょう。
日曜休みで11時半から14時半、19時から24時。
奈良市大宮町6-2-17 千曲ビル 1F
かすいち01.jpg
posted by ぐーたり at 20:52| Comment(0) | うどん(関西地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする